先週ドイツ西部で起きた洪水災害は、アール渓谷のワイン生産者を含み多くの人々に大きな被害を及ぼしました。

洪水に見舞われたドイツのワイン産地、アール地方の状況について
~ワイン生産者への支援~

07/21/2021

先週ドイツ西部で起きた洪水災害は、アール渓谷のワイン生産者を含み多くの人々に大きな被害を及ぼしました。とりわけアールヴァイラー郡、周辺のマイショス村やデルナウ村で大洪水によって樽やワインボトル、機械などが流され、ワイン生産者のビジネスや生活全体が破壊されました。今回の洪水により被害を受けたワイン生産者の数、その深刻度、そして563ヘクタールのぶどう畑を有するアール地方全体への影響を数値化するには、数週間かかると見込んでいます。

ドイツ・ワインインスティトゥート(DWI)のモニカ・ロイレ代表は、洪水による被害や、生活のために必死になっている現地の人々の様子を目の当たりにし愕然とするとともに、直ちにアール地方のワイン業界の組織に支援を申し出ました。またワイン業界全体からの数多くの支援の申し出や連帯感に感謝の意を表しています。

現在、様々なワイン産地から集まった多くの生産者が、フォークリフト、ぶどう畑用のトラクター、ポンプなどを活用し、樽、ワインプレス機などの設備など救出できる物の回収作業にあたっています。また、外部のヘルパーが派遣され、次のヴィンテージを確保すべく、急を要するぶどう畑の作業を手伝っています。ワインの寄付も多数寄せられ、その売上げが被害を受けたアール地方のワイン生産者の支援に充てられる予定です。

現在DWIでは、ウェブサイトで数多くの援助や寄付の申し出を募るとともに、海外の支部と協力して独自の募金活動も行なっております。海外からの義援金に関しては、DWIが海外送金料のご負担なしで寄付いただける口座を開設し、募金を受け付けております。このようにして、数多くの支援活動から得た寄付金は、緊急にまた恐らく長期にわたる事業の再建のために、資金を必要とするアール地方のワイン生産者の皆さんに直接還元されることになります。

【日本からの支援方法】

現在、以下の口座で義援金を受け付けており、各自ドイツへ直接のご送金となります。

※海外送金については、海外送金料費用はご負担なしでと記載しておりますが、銀行手数料はご負担が必要となりますので、ご利用の金融機関にお問合せ頂くようお願い致します。

義援金受付口座 (field 59)

IBANコード: DE14 5519 0000 0619 7860 15

受取人名義: Deutsches Weininstitut GmbH

受取銀行情報 (field 57a)

BICコード: GENO DE FF

受取銀行名: DZ Bank AG, Frankfurt / Germany

Bank-to-Bank-Information (field 72)
/acc/ Mainzer Volksbank eG, Mainz / Germany

Purpose(送金目的): Donation Ahr Flooding

SNSからの様々な支援

現在、アール地方の復興を応援する活動の一つとして、SNSにて、共通のハッシュタグ(#)をつけて画像やメッセージを投稿しております。
・ハッシュタグ: #solidAHRity #WEAHRTOGETHER

また個別で復興支援をされる場合、内容を確認の上、支援情報をWines of Germany 日本オフィスのインスタグラムやフェイスブックにて紹介しております。


Wines of Germany日本オフィスについて

ドイツ・ワインインスティトゥート(DWI) は、ドイツワインを世界14か国の市場でドイツワインを広めるべく各方面でプロモーション活動を行っている機関です。日本法人であるWines of Germany日本オフィスは2016年に活動を開始し、日本国内におけるドイツワインの販売促進、広報、情報キャンペーン、ドイツワインイベントなどを展開しています。

提供画像:Wines of Germany
Back