4月下旬に寒い夜が続いた後、今年のぶどうは過去の平均と比較して少し遅く発芽しました。現在は乗り越えたものの、夜間の凍えるような気温はいくつかの偶発的な損害をもたらした。

発芽は前年より遅く

05/10/2021

4月下旬に寒い夜が続いた後、今年のぶどうは過去の平均と比較して少し遅く発芽しました。現在は乗り越えたものの、夜間の凍えるような気温はいくつかの偶発的な損害をもたらした。

特に若い芽がリスクにさらされています。通常なら5月15日の「寒の戻り」の夜の後は完全に回避できる霜夜の危機を乗り切らなくてはならないのです。

摂氏0度をちょうど下回る気温は若い緑のぶどうの木に継続的な被害をもらたします。ごく最近では2021年4月20日、フランケン東部やバーデン南部といったワイン生産地域で記録された霜害の事例がある。その寒冷な天候は発芽を遅らせ、発芽の遅れは開花期を遅らせ、その後は秋のぶどう収穫を遅らせる可能性が発生します。そのため今年は、ほぼ確実に開花と収穫が過去3年間よりも少し遅くなると考えられます。なぜならその季節における全ての遅れを、予測される温暖な天候および十分な降雨によって補うことはできないからです。

霜よけキャンドルと野焼き

ぶどうを霜から保護するため、霜よけキャンドルに加え、小型かつ常設の風力タービンがぶどう畑で利用されることがありますが、これは地表の寒冷な気団を上方の温暖な気層と混ぜ合わせるもので、場合によっては、ぶどう畑の上空を平行に飛行するヘリコプターで行われます。間接的な霜よけ手段としては、ワイン生産者たちはぶどう畑内の植物を低く保ち、土からの放熱が高く生い茂る植物に遮られないようにするというものがあります。


参照ページ:Climate and Weather

Back