ドイツ・ワインインスティテュート(DWI)によると、ワイナリー、ワイン生産者の協同組合、ボトラー、小売業者が提供するノンアルコールワインとスパークリングワインの品揃えが近年大幅に増加している。

ノンアルコールワインの消費に関する新たな研究

05/10/2021

ドイツ・ワインインスティテュート(DWI)によると、ワイナリー、ワイン生産者の協同組合、ボトラー、小売業者が提供するノンアルコールワインとスパークリングワインの品揃えが近年大幅に増加している。

味わいにおいては、新しい香りの保存技術のおかげで、ノンアルコールワインも近年非常に積極的に開発されています。このような代替品のノンアルコールワインの市場シェアは現在、全ワイン消費量の1%未満ですが、ほぼすべてのサプライヤーが売上高の増加を報告しています。ノンアルコールのスパークリングワインが先導しており、スパークリングワイン総消費量の約5%というかなり高い市場シェアを占めています。

この傾向は、今年の初めからDWIの国内ワイン市場を分析してきた市場調査機関ニールセンによって確認されています。2020年春、ニールセンはノンアルコールのスパークリングワインとスティルワインの消費に関する消費者調査を実施しました。

ノンアルコールワインの認知度はまだ低い

ニールセン世帯調査のインタビューを受けた16,883人中のほとんどがノンアルコールワインの存在を知りませんでした。調査を受けた人々のうち、ノンアルコールの白ワインについて知っているのはわずか15%で、12%は赤の代替品について知っており、9%はロゼのワインを知っていました。このグループの約4分の1は、特定のノンアルコールワインを既に飲んでいる方々で、ノンアルコールスパークリングワインの認知度は53%と大幅に高くなりました。ノンアルコールゼクトについて知っている人の約3分の2は、すでにそれを飲んだことのある人でした。

3つの正当な理由

ノンアルコールのスパークリングワインとスティルワインは、特別な機会や、友人との乾杯などの社交的理由で飲まれます。その消費の最も重要な動機は、車の運転ですが、一般的なアルコールの回避にも大きな役割を果たしています。

女性消費者の方が多い

60~66%の割合で男性よりも女性の方がノンアルコールワインやスパークリングワインを飲む傾向にあります。ノンアルコールの白ワインは、平均以上が富裕層によって飲まれており、子供が成人した年齢層の人々の消費が非常に多いようです。

ノンアルコールのスパークリングワインやスティルワインを飲まない人の約3分の1は、他のノンアルコール飲料を好んでおり、消費の最大の障壁は味にあるようです。しかし供給不足と入手可能性が比較的低いことも、ノンアルコールワインの消費率の低さと人気に関連する要因です。

Back