ドイツワインの輸出は、今年も当分の間、プラスの傾向が続いている。

ドイツワインの輸出は引き続き増加

06/29/2022

ドイツワインの輸出は、今年も当分の間、プラスの傾向が続いている。これは、デュッセルドルフで開催される世界最大のワイン・アルコールの国際見本市「ProWein」を前に、ドイツワイン協会(DWI)が発表した最新の輸出データによって示されている。

このデータによると、今年2月までの12カ月間にドイツの13のワイン産地から輸出されたワインは、前年同期比で33%増加し、金額では32%増となった。

3月、DWIは2010年以来最高レベルのワイン輸出額、2021年の総額3億5700万ユーロを発表しました。今年2月までに、この金額はさらに1300万ユーロ上昇した。輸出量は6万ヘクトリットル増加し、約130万ヘクトリットルになった。

厳しい輸出見通し

しかし、輸出のさらなる発展に関して、DWIマネージング・ディレクターのモニカ・ローレ氏、最近のインフレ率の上昇と世界の大部分に影響を与えているサプライチェーンの混乱が、ドイツワインの輸出にもマイナスの影響を与えかねないと指摘する。

ドイツワインの最も重要な輸出先は、米国、ノルウェー、オランダである。この3カ国を合わせると、ワインの輸出額の3分の1を占めることになる。

Back